一般社団法人日本ビジネスメール協会は、日本で唯一のビジネスメールの教育者を養成する専門機関です。コミュニケーション、書き方、効率化を指導するプロフェッショナルを育成し認定を行ないます。

受検規約 

受検規約 ※受検希望者は必ずお読みください

    「ビジネスメール実務検定試験受検規約」は一般社団法人日本ビジネスメール協会検定事務局(以下、「検定事務局」という)の運営する検定試験(以下、「本試験」という。)を対象として定め、検定事務局と申込者または受検者に適用されます。

1.申し込み

  1. 受検希望者は、指定期間内に申込みを行い、指定の方法により受検料をお支払いください
  2. ウェブサイト、FAX、郵送で申込みをした段階は、「仮受付」であり「申込者」です。受検料の支払いを検定事務局が確認した時点で、「正式受付」かつ「受検者」となります

2.正式受付後の変更・受検料の取扱い

  1. 受検者都合による、受検会場の変更はできません
  2. 受検者都合による、次回以降の本試験への振替はできません
  3. 受検者都合による、本試験の欠席・キャンセルの場合は原則的に受検料の返金はいたしません。また、他者への受検権利移譲はできず、受検者以外の受検は認められません
  4. 不可抗力による事故(自然災害、ストライキなど)やシステム障害が発生して試験が実施されなかった場合など、次項目2-5.に記載する内容に該当する場合は受検料返金の手続きが可能です。ただし、試験の中止に伴う受検者の不便、その他の個人的損害については何ら責任を負いません。返金が認められた場合も、振込手数料を差し引いた金額が返金されます
  5. 受検料の払い戻し手続きは、以下の場合に行うことができます。
  6. ・試験当日に重篤な疾患により受験が不可能な場合。風邪など軽症な場合は除く(医療機関の診断書提示が必要)
    ・試験当日に公共交通機関が停止し、試験会場に来られなかった場合(公共交通機関の証明書提示が必要)
    ・三親等以内の親族の死去に伴い、葬儀に出席する場合(葬儀が執り行われたことを証明する書類の提示が必要)
    ※証明は、試験日の前後1日のみ有効

  7. ご返金方法は銀行口座振り込みとなります。払い戻し申請書内容を確認後、事務局から改めてメールでご連絡いたします。お手続の際には銀行口座情報の詳細をお手元にご用意ください。キャンセル時のタイミングによりますが、1ヶ月以内にご返金を完了させて頂きます

3.受検票

  1. ご入金確認後、本試験の10日前までに、検定本部より受検者の登録アドレスにPDFデータをメール添付でお送りします
  2. 本試験の10日前までに受検票データが届かない場合は、必ず検定事務局に問合わせてください。問合わせがなく、受検できない場合には、検定事務局は一切の責任を負いません

4.結果通知

  1. 本試験約3週間後に、結果通知書を検定事務局より発送します。合格者には合格証書を同封いたします
  2. 結果通知書が届かない場合は、検定事務局にお問い合わせください。欠席者への結果通知はいたしません
  3. 本試験の結果については、検定事務局にに問合わせても回答できません
  4. 本試験の結果、点数、採点に関する異議申し立ては受け付けません

5.個人情報の取扱い

  1. 各種申込書等の書類は返却いたしません
  2. 検定事務局は、本検定に関する個人情報について、流出および無断転用のないよう厳重に管理しています

お問い合わせ

一般社団法人日本ビジネスメール協会
検定事務局

電話
03-5577-3210(受付時間  9:00 ~ 12:00 、 13:00 ~ 18:00)
ファクス
03-5577-3238
E-mail
info@businessmail.or.jp

※ 土・日曜日、祝日、年末年始、ゴールデンウィーク期間は翌営業日以降の対応とさせていただきます

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5577-3210 受付時間 9:00~18:00(土日祝日、年末年始を除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Copyright (c) 2013-2017 Japan Businessmail Association. All Rights Reserved.