一般社団法人日本ビジネスメール協会は、日本で唯一のビジネスメールの教育者を養成する専門機関です。コミュニケーション、書き方、効率化を指導するプロフェッショナルを育成し認定を行ないます。

3級サンプル問題

問題(1)

メールの宛先にはTO、CC、BCCと3つの欄があります。
TO、CC、BCCに関する記述として、次の4つの項目(ア~エ)のうち、
適切なものはいくつありますか。選択肢の中から1つ選びなさい。

 ア.TOで受信した人は、BCCに誰のメールアドレスが入っているか分かる。
 イ.CCで受信した人は、BCCに誰のメールアドレスが入っているか分かる。
 ウ.BCCで受信した人は、CCに誰のメールアドレスが入っているか分かる。
 エ.BCCで受信した人は、TOに誰のメールアドレスが入っているか分かる。

(1)1つ
(2)2つ
(3)3つ
(4)4つ

問題(2)

ビジネスメールに関する記述として、不適切なものはどれですか。
次の中から1つ選びなさい。

(1)メールは、受信者の理解力によって、誤解を招く可能性がある。
(2)ビジネスメールの失敗は、相手に指摘をされなくても、
   相手が気付いている可能性がある。
(3)メールを送っても相手に届かないことがある。
(4)メールは24時間以内に返信をしないと自動的に既読になる。

問題(3)

本日、11時から、営業部の同僚1名と打ち合わせを行います。
会議室が満室のため、外の喫茶店で打ち合わせることになりました。
現在は、10時25分です。打ち合わせ場所の変更を連絡する方法として、
適切なものの組み合わせを1つ選びなさい。

ア.LINEでメッセージを送る
イ.電話をかける
ウ.メールを送る
エ.声をかける

(1)アとイ
(2)イとウ
(3)ウとエ
(4)イとエ

問題(4)

メールの件名に関する説明として、もっとも不適切なものはどれですか。
次の中から1つ選びなさい。

(1)メールの主旨を分かりやすく書く。
(2)相手が気付きやすいように名前だけを書く。
(3)報告なのか、連絡なのか分かるように配慮して書く。
(4)文字数は、20~30文字程度で書く。

問題(5)

メールを活用した業務効率化の取り組みとして、もっとも不適切なものはどれですか。
次の中から1つ選びなさい。

(1)メール作成時の文字入力速度を上げるためにブラインドタッチを練習した。
(2)メールを受信したら瞬時に返信できるよう、5分に1回受信ボタンを押している。
(3)毎日の報告業務で利用するメールがあったので、テンプレートを作成した。
(4)メルマガなどすぐに読む必要がないものは、
   「メルマガフォルダ」に自動的に保存されるようにした。

正解・・・1.(2) 2.(4) 3.(4) 4.(2) 5.(2)

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5577-3210 受付時間 9:00~18:00(土日祝日、年末年始を除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Copyright (c) 2013-2017 Japan Businessmail Association. All Rights Reserved.