一般社団法人日本ビジネスメール協会は、日本で唯一のビジネスメールの教育者を養成する専門機関です。コミュニケーション、書き方、効率化を指導するプロフェッショナルを育成し認定を行ないます。

講師紹介

平野友朗(ひらのともあき)

平野友朗のプロフィール写真

一般社団法人日本ビジネスメール協会 代表理事
株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役

1974年、北海道生まれ。筑波大学人間学類(認知心理学)卒業。広告代理店勤務を経て2003年独立。一般社団法人日本ビジネスメール協会代表理事。株式会社アイ・コミュニケーション代表取締役。著書は23冊を超え、ビジネスメールに関する取材を1000回以上受けるビジネスメール教育の第一人者。

ビジネスメールスキルの標準化を目指し、日本初のビジネスメール教育事業を立ち上げ、ビジネスメールの教育研修プログラムの開発やツールの提供を行う。メールスキル向上指導、組織のメールのルール策定、メールの効率化による業務改善や生産性向上などを手がけ、官公庁や企業などへのコンサルティングや講演、研修回数は年間120回を超える。

一般社団法人日本ビジネスメール協会では認定講師を養成し、ビジネスメールの教育者を日本全国に送り出している。2014年、「ビジネスメール実務検定試験3級」を立ち上げ、ビジネスメール教育の普及に尽力している。 

出版実績

監修実績

そのほか、ビジネス書を含めると合計26冊。

執筆実績(ウェブ、雑誌など)

研修・講演実績(一部紹介、敬称略)

メールのマナーやルール、書き方や送り方を身につけたい、営業効率をあげたい、人件費を削減したい、メールを効率よく使って成約率を上げたい、顧客とのメールでのコミュニケーションに力を入れたい、企業や官公庁、学校や団体での講演実績多数。

味の素、アットホーム、アデコ、穴吹興産、イッツ・コミュニケーションズ、伊藤忠商事労働組合(東京支部)、 INAX、茨城日立情報サービス労働組合、SMBCコンサルティング、エプソン販売、川崎汽船、熊本日日新聞社、グローウィル、兼六土地建物、セキスイハイム不動産、全国IBMユーザー研究会連合会、宣伝会議、チューリッヒ保険、TOTO、ナック、日本電信電話ユーザ協会、日本ドナルドソン、博報堂DYメディアパートナーズ、パナソニック電工、パナソニック電工電路、広島空港ビルディング、富士通マーケティング 関越支社、みずほ総合研究所、三井住友海上火災保険、商工会議所、中小企業家同友会、ラジオ運行実務担当者連絡会、国土交通省、大分県、阿蘇市、青山学院大学、嘉悦大学、明治大学、東海中学校・東海高等学校、他多数

メディア取材・掲載実績

日本経済新聞、日経産業新聞、読売新聞、朝日新聞、北海道新聞、東京新聞、千葉日報、中日新聞、熊本日日新聞、南日本新聞、生産性新聞、住宅産業新聞、全国賃貸住宅新聞、日刊工業新聞、リフォーム産業新聞、AERA、OZ plus、経営参考BOOK、広報会議、販促会議、THE21、C-magazine、シティリビング、旬刊経理情報、しんきん経営情報、スタッフアドバイザー、DIME、週刊ダイヤモンド、 CHANTO、テレコム・フォーラム、週刊東洋経済、日経WOMAN、日経キャリアmagazine、日経コンピュータ、日経トップリーダー、日経トレンディ、日経パソコン、日経ビジネス、日経ビジネスAssocie、BIG TOMORROW、PRESIDENT、マイコミジャーナル、MORE、R25、L25、Reform Sales Magazine、NHK、TBSテレビ、日本テレビ、テレビ朝日、フジテレビ、ラジオNIKKEI、TBS RADIO、FM NACK5、J-WAVE、他 のべ1000媒体以上。

一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師養成講座にご興味がある方は、まずは、無料説明会へご参加ください。
お申し込みは、こちらのページからお願いいたします。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5577-3210 受付時間 9:00~18:00(土日祝日、年末年始を除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Copyright (c) 2013-2018 Japan Businessmail Association. All Rights Reserved.