お問い合わせ

【オンライン】ビジネス文章力アップ講座

2020年8月5日 (水) 14:00~17:00 開催
職場でも、自宅でも、場所を選ばず学習できる
オンライン講座がスタート!

伝わる文章の書き方を学ぶオンライン講座です
正しく、速く、印象よく伝えるために必要な
文法・構成・表現の基礎スキルを3時間で身につける

お申し込みはこちら

講座の対象者

次のことが一つでも当てはまる方に役立つ講座です。

  • 会場に集まって受講することができない
  • 職場や自宅で受講したい
  • 正しく、印象よく伝わる文章を書きたい
  • 迷わず、時間をかけずに書きたい
  • 文章での誤解やトラブルを防ぎたい

受講のメリット(期待できる効果)

【オンライン】ビジネス文章力アップ講座を
受講することで
次のような効果が期待できます。

押さえておきたい
文章の基本
が身につく

仕事で必要とされる文章作成の基礎が学べる

正しく伝わる
論理的
な文章が書ける

ビジネス文章を構成する要素やフレームワークを学び、分かりやすい構造で書ける

簡潔で
読みやすい
端的な文章が書ける

文法や構成、語順などを学び、読み手に負担をかけない文章のコツが分かる

心が伝わる
感じの良い
文章が書ける

仕事を前に進める、コミュニケーションを円滑にする、信頼関係を築く表現力を身につける

考える時間を短縮し
必要な情報
を見極める力が身につく

悩まず、時間をかけずに情報の抜け漏れがない文章の書き方が分かる

ワンランク上の
説得力
のある文章が書ける

要求を受け入れてもらえる文章のポイントが分かる

講座内容

第1部 読み手に「伝わる」文章を書こう

文章を書き始める前に考えておくべきポイントを解説します。

  • 「伝える」と「伝わる」の違い
  • ビジネスにおける文章の役割とは?
  • 文章を書くときの視点
  • 文章を書く手順
  • 相手との関係を見極める
  • 文章を書く目的を整理する
  • 文章の違和感
  • フレームワークとMECE
  • ロジックツリー
  • 6W3H
  • プロセス・時間
  • ビジネス文章の特徴
  • 長文の構成
  • 単文の構成
  • 段落について
  • 文書の手段の決め方

第2部 分かりやすい文章3つの鉄則

分かりやすい文章を書くための3つの鉄則を押さえます。

  • ビジネス文章3つの鉄則
  • 主語と述語について
  • 1文を短くするコツ
  • 箇条書きのポイント

第3部 スマートな文章を書こう

分かりやすくメリハリのある文章のコツを解説します。

  • 日本語の要素を考える
  • 助詞について考える
  • 自然な語順とは?
  • 主語の「は」と「が」について
  • 主語の省略
  • 「です・ます体」と「である体」
  • 重ね言葉について
  • 話し言葉と書き言葉
  • 形容詞の注意点
  • 「事実」と「意見」の書き方
  • 文章を修正するコツ
  • 文章が与える印象とは

第4部 説得力のある文章を書こう

要求を受け入れてもらう文章の書き方について解説します。

  • 説得力を持たせるコツ
  • 誤解を招かないために
  • 修飾と被修飾
  • 漢字とひらがなの割合
  • 接続詞について
  • 依頼やお願いの文章
  • 敬語について
  • 「いただきすぎ」に注意
  • 「二重敬語」に注意
  • 「抜き言葉」「入れ言葉」
  • 7つの文章上達方法

まとめ・質疑応答・アンケート記入

時間いっぱいまで質問をお受けします。学びを深める時間としてご活用ください。
※セミナーの内容や構成は予告なく一部変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください

注意事項

  • 配付資料の一部あるいは全部についてコピーなどの二次的使用は禁止です
  • 撮影・録音・録画などは禁止です
  • お客さま側での通信トラブルの場合も原則講義はそのまま続けます

受講者特典「配布資料」※事前に郵送

受講者全員に、もれなく次の資料をプレゼント!

講座テキスト1冊(126スライド)

丁寧に作られているので理解が深まりました!」と受講者から好評のテキスト。実際は2色印刷です。

講座レジュメ(1冊 126スライド)

受講者の声

IT・ハイテク業 匿名希望様

とても参考になりました。教えていただいた内容を社員に展開して正しい文章を書ける部署にしたいと思います。

サービス業 M.G様

文章を書く仕事をしていて、新人に書き方を伝えていくことが必要になっているため、参考になりました。

製造業 匿名希望様

敬語や言い回しなどに自信がないので、教えていただいたことを活用していきたいと思います。とても参考になり、かなり自分の課題が解決できました。少しづつ教えていただいたことを活かしていきたいです。

IT・ハイテク業 匿名希望様

文章をまとめることが苦手でしたが、ロジックツールやKJ法で文章の構成がうまく出来そうです。

匿名希望様

テンポよく講座が進み、受け取りやすい情報の「粒」にてレクチャーいただきました。穴埋めのワークなども、量・箇所ともに適切だったと感じ要所がつかみやすかったです。長文の要約(短文化)のポイントとテクニックが特に役立ちそう。実例が具体的で全体を通じて直ぐにでも取り入れ改善できる内容です。

※感想は受講当時のものです

お申し込みはこちら

セミナー概要

日時 2020年8月5日(水)  14:00~17:00(受付開始13:45~)
主催 株式会社アイ・コミュニケーション
協賛 一般社団法人日本ビジネスメール協会
会場 インターネット環境があればどこでも

会場アクセス
定員 4名
受講料 1名 16,500円(税込)
グループ割引 本講座は、グループ割引きの対象外となります

集合研修(講師派遣・オンライン)についてはこちらから
割引クーポン ・申込フォームの備考欄にクーポンコードを記入してください
・クーポン利用は1名1回のみ
・割引の併用はできません
・申込完了後に届く自動返信ではシステム上、定価表示です
・クーポン利用の場合は割引後の金額でお振り込みください(別途お知らせはしておりません)
支払い方法 銀行振込

※振込先情報は申込時に届く自動返信をご確認ください
お問い合わせ 株式会社アイ・コミュニケーション
【電話】03-5577-3237
【メール】seminar@sc-p.jp

講師

直井章子

一般社団法人日本ビジネスメール協会
株式会社アイ・コミュニケーション
専任講師

ビジネスメール教育の専門家。一般社団法人日本ビジネスメール協会にて、ビジネスメールの教育研修プログラムの開発、実態調査や検定試験に携わり、研修やセミナーでの講演、執筆など活動は多岐に渡る。「読売新聞」、「朝日新聞」、「日経WOMAN」、 「日経パソコン」 「日経ビジネスAssocie」、「日本経済新聞(電子版)」、「日経 xTECH」、「日経 xTECH Active」 「ニッキン」、「ニッキンマネー」、「bizocean」など新聞・雑誌、ウェブ媒体への掲載多数。

出版実績
講演実績

農林水産省、大府市雇用対策協議会、アンリツ、アンリツエンジニアリング、茨城スバル自動車、HJホールディングス、きらぼしコンサルティング、さいとう社労士事務所、ドコモ・サポート、東京ガス、日本高圧電気、三菱スペース・ソフトウエア、宮本組、公益財団法人日本電信電話ユーザ協会、東海中学校・東海高等学校、など多数

セミナーのお申込みはこちら

申込から受講までの流れ

  1. ウェブサイトから申し込み
  2. 申込完了の自動返信(弊社→申込者)
  3. 自動返信に記載されている受講料の支払方法を確認(申込者)
  4. 開催5日前までに指定口座へ振り込み(申込者→弊社)
  5. 受講料の入金確認ができ次第、テキストを登録住所へ郵送。参加用URLを連絡(弊社→申込者)
  6. 開催前日に再度、参加用URLを連絡(弊社→申込者)
  7. 当日、参加用URLをクリックして受講(申込者)

オンライン講座キャンセルポリシー

受講料お振込前のキャンセル

ご連絡いただいた時点でキャンセルを承ります。キャンセル料は発生しません。開催5日前までに指定口座への振り込みが完了していない場合は、自動的にキャンセルとなることがあります。

受講料お振込後のキャンセル

受講料をお振り込みいただいた後のキャンセル(返金)はできません。ご入金の確認ができ次第、事前にテキストを郵送し、参加用URLをお知らせしていますので、ご了承ください。ただし、受講日のお振り替えは可能です。振替希望日を事務局にお知らせください。

よくあるご質問

どのようにオンライン受講をするのですか?配信の機材について

Zoom(ビデオ会議システム)を使用します。事務局から受講者へ参加用URLを送ります。当日は、そのリンクをクリックして、オンライン講座に参加します。

視聴用のデバイスについて

オンライン講座の受講に必要なものは「パソコン(カメラ付き)」「インターネット環境」のみです。iPadでも、マイクがONになっていれば問題ありません。(スマートフォンは画面が小さいので受講には適しません)

テキスト(配布資料)はなぜ郵送なのですか?

本講座は、講師が資料をスクリーン共有してスライドを見せながら解説します。受講者の環境によっては文字が小さく感じることもあります。テキストが手元にあった方が講義に集中できるため、事前に郵送しています。開催直前に申し込んだ場合、開催日までにテキストを受け取ることができない場合は備考欄に「資料の到着は講座終了後でも構いません」などとお書きください。お住まいが海外の方やテキストは不要(説明だけ聞きたい)という方は備考欄に「資料の発送不要」とお書きください。

テキスト(配布資料)をデータでもらえますか?

資料のデータ提供は行っておりません。

カメラがないのですが、参加できますか?

大変申し訳ありませんが、ご参加いただくことはできません。カメラをOFFにしていた場合、1台のパソコンの前に受講者が10人いても分かりません。本講座は視聴人数分をお申し込みいただいています。当日、カメラがOFFの状態が15分以上続いた場合は、こちらから接続を強制的に切断します。その際、受講料の返金や日程の振替などはできませんのでご了承ください。

マイクが使えないのですが、参加できますか?

講師と受講者の対話をできるだけ行いたいのでマイクやヘッドセットの準備をお願いしています。環境によってはマイクが使いにくい場合もあると思います。そのときはチャットで受け答えをしてください。

請求書を発行してもらえますか?

発行可能です。請求書が必要な場合は備考欄にお書きください。請求書(PDF)をメール添付でお送りします。

受講証明書を発行してもらえますか?

発行可能です。受講証明書の発行を希望される場合は、申込フォームの備考欄にその旨をご記入ください。申込時に登録された会社名と名前で受講証明書を発行し、受講後にPDFをメール添付でお送りします。原本の郵送はしておりません。ご了承ください。

受講前の支払いが難しいのですが、どうしたらいいですか?

法人でのお申し込みの場合のみ、支払日の変更を承ります。備考欄にご希望の支払日をお書きください。テキスト(配布資料)を郵送する際、請求書を同封します。個人でのお申し込みの場合は、受講前にお振り込みをお願いしています。ご入金を確認後、テキストを郵送し、参加用URLをメールでお知らせしています。

自宅でも受講できますか?

自宅でも受講できます。申込フォームに登録された住所宛てに、当日使用するテキストを郵送します。自宅宛てに郵送を希望するときは、申込フォームに自宅住所をご登録ください。

セミナーのお申込みはこちら