お問い合わせ

Master_ビジネスメール実践ライティング講座10%

パソコンでメールを作成し、講師に送信
その場で講師から直接、添削指導を受ける実践的な講座
自分のメールの改善点に気付くことができ、変化を実感

お申し込みはこちら

講座の対象者

次のことが一つでも当てはまる方に役立つ講座です。

  • 専門家にメールの添削・アドバイスをしてもらいたい
  • 実際にメールを作成するワークをしたい
  • 自分のメールに改善点がないか確認したい
  • 正確に伝わるメールが書けるようになりたい
  • メールの文章力・表現力を高めたい
  • メールを書くスピードをアップしたい

受講のメリット(期待できる効果)

ビジネスメール実践ライティング講座を
受講することで
次のような効果が期待できます。

平野友朗
から直接学べる

ビジネスメール教育の第一人者、平野友朗が添削アドバイス

改善点
に気付ける

自分のメールの良い点・改善点(癖)に気付くことができる

詳細な
アドバイス
がもらえる

細かい言い回しのアドバイスがもらえる

文章力や
表現力
が高まる

相手や状況に適したメールが書けるようになる

応用力
が身につく

ワークを行いアウトプットしながら学べる

書く時間を
短縮
する方法が学べる

文章を考える・書くスピードをアップする方法を習得

受講の条件

  • 1通のメールを平均15分以内で書ける
  • ノートパソコンを持参できる(無料貸出あり/先着順)
  • 講座で作成したメールをスクリーンに映して添削されてもいい

講座内容

前半(10:00~13:00)

  • 各人の課題の共有
  • 【メール作成】基礎スキル確認。簡単な問い合わせを効率的に行う
  • メール添削事例に学ぶ、読みやすいメール・伝わりやすいメール
  • コミュニケーションツールの使い分け
  • メール改善の3大ポイント(3つの「かもしれない」を考える)
  • 【メール作成】問い合わせメールに対応する
  • 【メール作成】クレームにメールで返信する(こちらに非がある)
  • 【メール作成】クレームにメールで返信する(こちらに非がない)
  • 引用を使ったスムーズなメールの返信法

昼食休憩(13:00~14:00)

会場内での飲食は可能です。会場の付近には、コンビニエンスストアや飲食店が多数あります。

後半(14:00~17:00)

  • メールを書く前の準備
  • メールの構成を考える「要素書き出し法」
  • メールでの的確な指示の出し方
  • 相手の感情にフォーカスしたライティングテクニック
  • 【事例・催促】初めての催促メール
  • 【事例・催促】いつも期限を守らない人に対するメール
  • 【事例・お詫び】約束を破ってしまった
  • 【事例・お詫び】誤送信をしてしまった
  • 【事例・お詫び】分かりにくいメールを送ってしまった
  • 【事例・依頼】社外への依頼
  • 【事例・依頼】部下への依頼
  • 【事例・依頼】上司への依頼
  • 言い換え表現で語彙力を増やす
  • 不快に感じさせない表現例
  • メールを速く書く方法(個別の設定を見てアドバイス)
  • 【メール作成】対応の遅れをお詫びする
  • 【メール作成】面会の打診をするメール
  • 【メール作成】感謝の気持ち、喜びを伝えるメール
  • クドくならない文章の作成法
  • まとめ

※セミナーの内容や構成は予告なく一部変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください

※少人数制セミナーのため、質疑応答は随時おこないます

注意事項

  • 配付資料の一部あるいは全部についてコピーなどの二次的使用は禁止です
  • 撮影・録音・録画などは禁止です
  • 講座で作成したメールは講師宛てに送っていただき、スクリーンに映して添削します
  • ノートパソコンの無料貸出は、台数に限りがあるため先着順です

参加者特典<あなたのメールを添削します>

受講者のメールに限り、平野友朗が直接添削します(当日の講座でスクリーンに映して解説可能なメールに限る)。申込完了時の自動返信に「添削希望メール提出方法」の案内が記載されていますので、希望者は内容を確認の上、期日までにご提出ください。

  • 添削はお一人様3回(3通)限り
  • ご本人のメールに限ります
  • 講座でスクリーンに映して解説します
  • 希望者は提出期限内にお送りください

よくあるご質問

ノートパソコンを貸していただけますか?

無料貸出を行っています。台数に限りがあるため先着順です。貸出を希望される場合は申込フォームの備考欄に「ノートバソコン貸出希望」とご記入ください。あわせて、当日の講座で使用するメールアドレスもあわせてお知らせください。

ノートパソコンを貸りて、自分のGmailを利用できますか?

利用できます。ブラウザはインストールされていますので、ご自身のアカウントでログインしてください。

ノートパソコンの貸出希望ですが、使用できるメールアドレスがない場合は、どうしたらいいですか?

使用可能なメールアドレスがない場合は、事務局で準備したものをご利用いただけます。申込フォームの備考欄に「ノートパソコン貸出希望。当日、使用可能なメールアドレスなし」とご記入ください。

事前に用意するものはありますか?

ノートパソコンを持参される場合は、事前に以下の設定を済ませていただくと当日の受講がスムーズです。

(1)署名(2)送信者名の設定

会場にWi-Fi設備はありますか?

あります。

ビジネスメール実践ライティング講座の受講人数は何人ですか?

定員は6名です。少人数制のため、アウトプットや添削を受ける回数が多く、講師にも質問しやすいのが特徴です。「日頃の悩みがその場で解決できた」「自分のメールの癖に気付けた」「何をどう改善すればいいか分かった」とご好評をいただいております。

日常業務で作成したメールを添削してもらえますか?

最大3通まで添削可能です(本人が作成したメールに限る)。当日、可能な範囲で講師が添削アドバイスをいたします(当日の講座でスクリーンに映して解説可能なメールに限る)。申込完了時の自動返信に「添削希望メール提出方法」の案内が記載されています。希望者は内容を確認の上、ご提出ください。

受講証明書を発行してもらえますか?

当日の参加者全員に受講証明書を発行します。申込時に登録した会社名と氏名で受講証明書を発行し、会場でご本人に直接手渡しします。PDFでのメール送付、ファクス送信、原本の郵送は行っておりません。

セミナー風景


受講者の声

  • 苦情、お断り、謝罪のメールを実際に作成するこのような研修は、リーダー職には必要であり、重要だと思いました。
  • 課題に対する回答やアドバイスがリアルタイムで体験できるので、理解度が非常に高い研修でした。
  • 同じ課題でも、自分が作成したメールと、他の方の作成するメールが違っていて、自分の業界のルールと一般のルールが異なることに改めて気づかされました。
  • 自分のメールの改善点を具体的に指摘されたことが今後のプラスになりそうで、とても良かったです。
  • 平野先生の楽しい講義と厳しい実践で、あっという間の一日でした。
  • 実践中心だったので自分の改善点が分かり、とても身につきました。
  • ワークも豊富で参加者の仕事上の立場などにより着目点が様々ある事に気づきました。
  • 他の人のメールを実際に見ることで言い回しの種類が増えました。自分のメールが読みにくいことが分かりました。

お申し込みはこちら