お問い合わせ

導入事例

製造業(電気機器)

課題

  • CCやBCCの乱用によるメールの受信通数の増加
  • メールが多いことによる業務ストレス

CCやBCCの乱用によってメールの通数が増えていること、その他、言葉にはできないけれどメールに対するストレスを感じていた担当者から相談を受け、部署ごとにヒアリングを実施。その結果「メールの社内ルールが整備されていない」ことが判明。部署ごとに送るメールのルールが異なり、コミュニケーションがとりにくくなっていた。

目標

  • 社内ルールの統一化
  • 最低限のルール策定

導入

コンサルティング

期間

1年間

実施内容

  • ヒアリング
  • ルール作成
  • コラム連載
  • メール診断
  • カリキュラム開発
  • 講演(集合研修)

効果

  • 社内ルールの統一
  • メールマナーの定着
  • 商社(労働組合)

    課題

    • 新しいテーマの社員研修を模索
    • 自分のメールに疑問を抱いている社員が多い

    ロジカルシンキング、プレゼンテーションなどの研修を実施し、次に続くものとしてメールの研修を検討。担当者は、多くの人が自分のメールに疑問を抱きながら使っているので、たくさんの参加者が期待できると予想。メールのサンプルを診断したところ、ミスやトラブルの種を多数発見。基本を習得するだけで業務効率が上がると判明。

    目標

    メールの重要性を認識し、考えてメールを書けるようにする

    導入

    講演(集合研修)

    対象

    100名

    期間

    1日

    研修内容

    • 実際に送っているメールをベースにプログラムを作成
    • 穴埋め問題やディスカッションを取り入れた参加型研修
    • 手と頭を動かすことによって、その場で課題を発見。即時習得を促進
    • 参加者同士が意見交換する時間を盛り込み、気付きの共有

    効果

    • メールの重要性を認識
    • 考えてメールを書く習慣が定着

    製造業

    課題

    基本的なビジネスメールの書き方から身に付けさせたい

    社内外でメールのやりとりが増え、苦労している人が多い。メールに費やす時間が増加し、メールによるトラブルも増えていた。正しいメールの使い方を学び、業務効率を向上したいという課題があった。

    導入

    講演(集合研修) 

    対象

    50名

    期間

    1年間かけて数回実施

    研修内容

    • ビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)をベースにプログラムをカスタマイズ
    • 参加者同士が意見交換し、発表する時間を盛り込んだ、参加型研修

    効果

    • ビジネスメールの基礎力が身に付いた
    • メールコミュニケーションの誤解やトラブルが減少

    製造業

    課題

    • メール処理時間を減らしたい(メールにかけている時間が長い)
    • メール送受信件数を減らしたい(不要なメール、CCでの共有が増加)
    • メールの効率的な処理方法を学びたい

    仕事量が増え、処理するメールの通数が増えていた。メール処理にかける時間を短縮したいという声が多く、メールの改善が課題にあがった。

    導入

    講演(集合研修) 

    対象

    100名

    期間

    1日

    研修内容

    • 課題を集約し、それらを反映した、時間短縮に特化したプログラムを用意
    • 2時間の研修を実施

    効果

    • メールの基本的な型が身に付き、書く際に迷う人が減った
    • メールを早く書くテクニックが身に付き、時間短縮につながった
    • 円滑なメールコミュニケーションが可能となり、コミュニケーション全体の時間短縮につながった

    製造業(営業サポート部門)

    課題

    • 営業サポート部門のメール力を向上したい
    • メール処理の効率化、メールでのコミュニケーションミスを減らしたい

    メールの基本的な型や共有されておらず、読みづらいメールが横行していた。メールの読みやすさ、誤解を与えない文章、メールでのコミュニケーションに課題を抱えていた。

    導入

    メールの添削

    対象

    20名

    期間

    1カ月(メール添削2週間)

    研修内容

    • 添削対象者のメールの問題点をもとに課題を決定
    • メールを作成し、添削

    効果

    • 自らのメールを振り返り、課題に気付いた
    • 問題意識が高まり、自発的に改善する人が増えた
    • メールでの誤解やコミュニケーションの衝突が減った

    製造業

    課題

    • 学生気分が抜け切れないプライベートのようなメールを書く恐れ
    • できるだけ早い段階で、ビジネスメールのルールやマナーを身につける

    社会人になりたての新入社員は業務経験が浅いため、実際にビジネスメールを使うシーンをイメージできるような研修をご提供。

    目標

    社会人として必要なメールのマナー・ルールを知ること

    導入

    講演(集合研修)
    メールの添削

    対象

    新入社員

    研修内容

    • 不快感を与えるサンプルメールを使って、問題点の理由や改善例を説明
    • 実際にメールを作成し、添削

    効果

    • メールの基本的な送り方が分からなかった受講者が、研修終了後には基礎を完璧にマスター
    • 「たった2時間の研修で将来起こりうるメールの失敗やトラブルを未然に防ぐことができた」と好評

    ITサービス業

    課題

    業務を円滑に進めるための早急なルール作りと統一化

    メールは使いこなしているけれど、使っているメールソフトはばらばらで、社内のメールのマナーやルールが統一されていない。「○○さんのメールは嫌い」という声もあり、社内でメールコミュニケーションの衝突を生んでいる。返信や転送、添付にもルールがなく、各自が独自のルールでメールを使っている。

    目標

    最低限、世間一般のルールを知ること

    導入

    講演(集合研修)

    研修内容

    • 世間一般で良しとされるメールのマナーやルールと、その理由を説明
    • 複数のメーリングリストを使用しているためメールの処理が煩雑化しているという課題に対しては、メーリングリストでのメール流通量を半分にするためのルールを設定

    効果

    業務の進行が円滑に

    金融業

    課題

    • メールが使えない
    • 業務を円滑に進めるために必要なメールスキルの習得

    目標

    • 最低限、一般企業のメールのルールに慣れること
    • メールの基礎を身に付ける

    導入

    • 講演(集合研修)
    • メールの添削

    対象

    50代の出向対象者

    研修内容

    • 自分が送ったメールが相手にどのように表示されるのか、どのような感情を抱かれるのかなどを説明
    • 課題にそって実際にメールを書く
    • メールの添削、解説

    効果

    他の人のメールを見て自分のメールを振り返り、課題を把握