お問い合わせ

不動産営業メール講座

  • 公開講座へ足を運ぶ時間がない
  • 講師に会社へきてもらい研修を行いたい
  • 少人数だけど講師を呼びたい

そのような声にお応えするのが出張講座(講師派遣)です。
指定の日時、会場で研修を行います。

定型プログラム「不動産営業メール講座」の場合、受講人数は最大10名まで、講演料(講師派遣料)は一律216,000円(税込)です。

お問い合わせはこちら

出張講座(講師派遣)不動産営業メール講座

研修内容

定型プログラム「不動産営業メール講座」

  • カスタマイズなし
  • 通常の集合研修とは異なり事前の打ち合わせはありません

研修日程

ご希望の日程をご指定ください

研修時間

3時間

  • 途中休憩1回(5分~10分)程度
  • 研修開始30分前に講師が会場入り
  • 研修終了後30分程度で撤収、アンケート収集など

会場

ご指定の会場

  • 日本全国どこでも対応可能
  • 会場をご用意ください
  • 会場にはスクリーン、プロジェクター、ホワイトボードをご準備ください
  • 講演用パソコンは講師が持参いたします

講師

一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師

  • ※講師の指名はできません

配付資料

講座テキスト

費用

1.講演料(講師派遣料)

216,000円(税込)

  • 最大10名まで一律価格(10名以下でも金額は変わりません)
  • 11名以上、1名増えるごとに21,600円(税込)が追加となります

2.交通費

実費

  • 講師の自宅もしくは日本ビジネスメール協会(東京千代田区)からの交通費が実費で必要
  • 研修時間、場所によっては宿泊費が実費で必要

費用には、テキスト代、テキスト郵送代が含まれております。

お客さまからメールの返信がないとお悩みのあなたへ

不動産営業に求められる追客メールの書き方や送り方を学ぶ講座です

「不動産営業メール」では、お客さまの心理を理解し、来店や成約につなげるメールの書き方、送り方を解説します。シチュエーション別のワークもあり、状況を読み解き、書く力を身につけます。

次のような方はぜひ、不動産営業メールを受講してください。

たった3時間の講座で不動産営業メールの基本を身につけることができます。

次のことが一つでも当てはまる方に
オススメの講座です。

  • 不動産営業メールについて学んだことがない
  • テンプレートを使わないとメールが書けない
  • お客さまから返事がこない
  • メールで来店、来場、成約につなげたい
  • 追客メールのコツをつかみたい
  • 不動産営業(賃貸・売買)のメールの送り方を学びたい
  • 極秘ノウハウのため、同業(研修会社、コンサルタント)の参加はお断りしております
  • 事前に許可を受けた方はその限りではございません

本講座を受講することで得られるメリット

不動産営業メール講座を
受講することで、
次のような効果が期待できます。

基礎
が身につく

不動産営業メールの基礎が身につく

トラブル
を防げる

相手に分かりやすく伝え、行き違いやトラブルを防げるようになる

集客率
が上がる

来店、来場、成約につながるメールの送り方が身につく

返事が来る
方法がわかる

お客さまが返事をしない理由を知り、適切に対応できるようになる

自分で
メール
が書ける

テンプレートを適切に利用し、ワンランク上のメールが送れるようになる

活用方法
がわかる

ファースト、セカンド、サードメールと段階に応じたメールが書けるようになる

プログラム開発者・講師、平野友朗からのメッセージ

弊社では、ある年は1年間に50回以上、不動産業界向けにセミナーを開催してきました。売買物件(分譲地)を扱っているある企業では、毎月訪問してメールの指導をしています。

賃貸物件を扱っている場合、ファーストコンタクトで相手のオーダーを正しくつかむことが大事。短期決戦になるため、その後のアプローチ方法も変わります。

一方、売買物件の場合は、成約までに時間がかかります。メールでのアプローチも営業プロセスを考えて、長期的に腰を据える必要があります。

今まで数多くのメールを見てきましたが、メールが下手で損をしている人は実に多い。
本講座プログラムを開発するにあたり、多くのメールを分析しました。

正直なところ合格ラインに到達してるメールは、ほぼありません。裏を返すと、普通のメールが当たり前に書ける、タイミングを逃さずに送れる。それだけでも売上に貢献するようになるでしょう。

不動産営業メール講座では、メールのテクニックだけでなく、営業マインドについても解説いたします。

講座内容

不動産営業メール講座で学べること

本講座では、不動産営業メールの基本からワンランク上のメールテクニックまでを学びます。

実際のメールを読み解き、自分のメールを振り返って課題を発見。 周囲との意見交換やワークを通じて他者の視点や考えも学べるのも魅力です。

学んで終わりではなく、講座が終わった瞬間から行動に移せるように、不動産業界での研修経験が豊富な講師が丁寧に解説します。

テンプレートがある場合は、それを活用し、さらに改善するポイントを知ることができます。 テンプレートでは対応できないような状況でも、適切なメールを書くために必要な知識を身につけます。

はじめに

不動産営業でメールを送る目的を理解し、メールを効果的に活用するための土台となる考え方が身につきます。

  • 仕事で何のためにメールを書くのか
  • 本題に入る前に伝えたいとても大事な話
  • 実際のメールを読み解き不動産営業メールの問題を考える
  • お客さまの行動を理解しよう
  • お客さまの心理を想像する(賃貸物件)
  • お客さまの心理を想像する(売買物件)
  • ファーストメールで何をすべきか?
  • メールでどのような印象を与えたらよいのでしょうか?

第1部 基本を押さえた正しいメール

お客さまが求めているメール、お客さまに好まれるメール、返信がもらえるメールとは。事例を交えて基本的な型と書き方について解説します。

  • ファーストメールの型(物件が空いている)
  • ファーストメールの型(物件が空いていない)
  • ファーストメールの型(資料送付)
  • お客さまとのコミュニケーションのズレ
  • お客さまは何を考えてメールを開くのでしょうか?
  • お客さまがメールを開封する3つの理由
  • 開かれる件名とは?、件名の付け方
  • 送信者名(差出人)の表示
  • 宛先(TO,CC,BCC)の違いとは?
  • メールの基本型
  • 宛名の書き方
  • 挨拶の書き方
  • 名乗りの書き方
  • 警戒心を解きメールを読んでもらう
  • 要旨の書き方
  • 詳細の書き方
  • 結びの挨拶の書き方
  • 署名の書き方
  • 読みやすい本文とは?
  • 読みやすい本文レイアウト
  • 添付ファイルのマナー
  • HTML形式とテキスト形式
  • HTML形式メールの利用の注意点

第2部 選ばれるための売れる文章術

お客さまの状況にあった営業メールの書き方、コツを解説します。

  • 実際のメールを読み解く!選ばれないメールの特徴
  • はやい時期の検討・契約を促す
  • 自社の強みは言葉にしなければ伝わらない
  • 提案を途切れさせないためにすべきこと
  • 物件の見学(内覧)をすすめるメールの書き方
  • 記号・表現の使い方
  • 使わないほうがいい表現、書き方
  • メールの返事はいつまでに?
  • すぐに返信できない場合は?
  • 返信のルール
  • 【文例】プラスαの情報提供(交通面)
  • 【文例】プラスαの情報提供(環境面)
  • プラスαの情報提供(建物面)
  • 相手に不快感を与えない言い回し
  • 催促メールの書き方、文例
  • 効果的なフレーズ
  • 禁句集
  • 【復習のワーク】実際のメールを改善しよう!
  • お客さまとのコミュニケーションのズレ
  • 接触回数を最大化する
  • セカンドメールの書き方(新規物件)
  • セカンドメールの書き方(連絡がない人へ)
  • セカンドメールの書き方(気候・冬)
  • セカンドメールの書き方(天候・雨)
  • セカンドメールの書き方(イベント)
  • セカンドメールの書き方(週末)

第3部 よいメールを効率的に送る

時間をかけずにメールを作成し、送るために役立つテクニックを身に付けます。

  • 単語登録の活用法、登録方法
  • テンプレートの活用法
  • チェックリスト

まとめ・質疑応答・アンケート記入

会場内で質問をお受けします。学びを深める時間としてご活用ください。
※セミナーの内容や構成は予告なく一部変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください

注意事項

  • 配付資料の一部あるいは全部についてコピーなどの二次的使用は禁止です
  • 許可のない撮影・録音・録画などは禁止です

受講者特典

受講者全員に、もれなく次の資料をプレゼント!

講座レジュメ1冊(約40ページ)

丁寧に作られているので理解が深まりました!」と受講者から好評のレジュメ。
実際の配布資料は2色印刷です。

講座レジュメ(1冊 約40ページ)

お問い合わせから実施までの流れ

(1)お問い合わせ

電話または問い合わせフォームより、お問い合わせください。

電話:03-5577-3210 【受付時間】10時~18時 (土日祝日、年末年始を除く)

(2)ヒアリング(詳細の確認)

担当者からメールまたは電話でご連絡いたします。日時、会場、受講人数などの詳細を確認させていただきます。

(3)研修内容の確定

研修内容(日時・会場・人数など)を確定します。

(4)研修実施

確定した内容に従い、研修を実施します。

お問い合わせはこちら