お問い合わせ

代表理事あいさつ

私は本気で思っています


一般社団法人日本ビジネスメール協会代表理事の平野友朗です。私は『ビジネスメール教育を日本中に広めたい』と本気で思っています。

誰かがやらなくては、企業におけるコミュニケーションの生産性は落ちるいっぽうでしょう。それを危惧し、2005年からビジネスメールに関する執筆活動に専念し、多くの企業研修で講師を務め、メディアにも出続け、そして、コンテンツのパワーアップを図ってきました。eラーニングや通信講座の立ち上げにも協力してきました。毎年、きちんとしたデータを取るために、2007年から毎年『ビジネスメール実態調査』を実施。報道機関等に、提供を続けています。

また、ビジネスメール教育を正しく普及させるために「ビジネスメール」「ビジネスメールコミュニケーション」の商標を2009年に取得しています。

そのような活動が実を結び、ビジネスメールの教育研修については、多くの引き合いをいただくようになりました。最近では、書店にも「ビジネスメール」というコーナーができ、ビジネスメール教育の認知度が上がってきたように感じます。

一緒にビジネスメール教育を日本に広めませんか?

今、私は2つの悩みを抱えています。

一つは、書籍やメディアでの露出が増えたため、意識の高い企業からの依頼は飛躍的に増えました。しかし、「たかがメール……」と思っている企業は、メールでのトラブルを多発しています。教育の必要性が伝わりきれていないのが現状です。日本のメール教育の標準化には、まだ時間がかかるでしょう。

そして、もう一つ。研修の依頼は増えているのですが、私が研修の講師を務められる時間にも限りがあります。スケジュールの問題もあり、最近では遠方からの依頼だけでなく、東京都内の依頼でもお断りすることが多くなってきました。1日に3本の研修をこなすこともありますが、すでに限界に近づいています。

2つの悩みはあるのですが、「日本のビジネスメール教育を標準化したい」という思いは日増しに強くなってきました。

こういった経緯から、一緒にビジネスメール教育を広めてくださる認定講師を増やすために、『認定講師養成講座』を開講しています。

ビジネスメール教育の認定講師になるには、講師経験は問いません。ビジネスメールについての必要な知識は私がすべて教えます。それだけではありません。講師として必要な、講師向けファシリテーション力、プレゼンテーション力も同時に学んでいただきます。

認定講師養成講座の終了後、認定試験を行います。この試験に合格すれば、一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師として、ビジネスメールのセミナー・研修講師のお仕事を弊社からお願いすることもあります。

認定講師の方は、本協会ホームページで講師として紹介し、講師同士の情報交換の場として限定コミュニティ参加など、フォロー体制も整えていきます。ビジネスメールに関する最新情報を提供し、日々のスキルアップに役立てていただきます。

研修講師として活躍されている方は、ご自分の武器として、このスキルを手に入れてみませんか?
社内講師として活躍されている方は、自社の研修に、ビジネスメール教育を取り入れてみませんか?