お問い合わせ

検定試験の概要

あなたのメールの技能を証明する『ビジネスメール実務検定試験』

日本で唯一のビジネスメールコミュニケーションに特化した検定試験です。合格者には、一般社団法人日本ビジネスメール協会より合格証書が郵送されます。団体受検も受け付けています。

ビジネスメール実務検定試験3級

ビジネスメール実務検定試験3級」は、ビジネスメールの基本的なルールだけでなく、シチュエーションごとの書き方・送り方、他のコミュニケーション手段との使い分け、効率化、などの基礎知識を問う検定試験です。問題形式は択一式で、全80問中68問正解で合格です。

3級合格率61.77%(2018.6.30現在)/参考:対策講座を受講した方の合格率87.8%

ビジネスメール実務検定試験2級

ビジネスメール実務検定試験2級」は、ビジネスメールコミュニケーションの基礎知識を有しているだけでなく、実際にメールを活用できることが合格基準となります。スピーディーに、正確で相手が不快にならないメールが書けていることを証明します。筆記(選択式、論述)、実際のメール作成を含む試験を行います。

2級合格率44.4%(2018.6.30現在)

ビジネスメール実務検定試験1級

「ビジネスメール実務検定試験1級」は、ビジネスメールコミュニケーションの応用知識を有し、状況に応じて的確な判断ができ、適切なメールを書けることが合格基準となります。筆記(選択式、論述)、実際のメール作成を含む試験を行う予定です。