お問い合わせ

テレワーク時代のメール術 評価される人は1通のメールで仕事が終わる

テレワーク時代のメール術 評価される人は1通のメールで仕事が終わる

在宅勤務やテレワークで「コミュニケーション」と「メール量」が変わりました。 今まで口頭で済んでいた「報告・連絡・相談」がメール・電話・WEB会議などに切り替わったため「大量のメールが来るようになった」「部下の仕事の進捗が見えない」など、新しい課題が見えてきました。 実は、これらの課題は全て、メールの活用次第で解決することができるのです。 1日に200通~300通のメール処理をしながら、セミナーで講演し、書籍を執筆する著者が、テレワークだからこそやってほしいメール術を教えます。

著者
平野友朗
出版社
WAVE出版
頁数
232ページ
定価
1,500円+税
発行年月日
2020年10月8日
ISBNコード
978-4866213088

書籍の購入者には、以下の特典動画をプレゼント!

実演!平野友朗がメール作成

・手元と画面を同時にチェック
・これが達人の入力だ

解説!平野友朗がメールを作成するときに考えていること

・解説しながら実際にメールを新規作成
・解説しながら実際にメールを返信

復習!本書での学びを深めるために

・本書のエッセンスを動画でギュッと解説
・押さえておきたい5つのポイント

ヒント!組織のメール業務改善

・メールの業務改善がうまくいかない3つの理由
・具体的な手順と、期待できる効果

目次データ

はじめに

序章 テレワークだからこそメールを活用

  1. テレワークの肝はコミュニケーション
  2. メールで「伝える」「理解する」「管理する」

第1章 速く・確実に伝える メールの書き方

  1. メールに上手な文章は不要
  2. 送る目的を決める
  3. 目的が伝われば相手は動く
  4. 具体的に書けば誤解は生まれない
  5. メールに時間をかけすぎない
  6. 速く書くために型を使う
  7. 短文で書く癖を付ける
  8. 長文メールはレイアウトにこだわる
  9. 箇条書きを駆使する
  10. 致命的な誤字脱字を防ぐ
  11. 相手の頭の中の辞書を予想する

第2章 振り回されない メール処理の仕方

  1. 不安になったら「かもしれない」を考える
  2. 思い込みや決めつけで失敗しない方法
  3. 1分でメールを処理する
  4. 習慣の力で自動処理できる
  5. 業務時間外メールはNG
  6. 段取りのいい人が送っているメール
  7. デスクトップ通知は今すぐストップ
  8. メール処理に優先順位は不要
  9. 将来のメールは下書きか、予約配信
  10. メールは自分の記憶装置
  11. 過去メールで営業電話を撃退
  12. メール処理で仕事の緩急をつける

第3章 仕事を管理するメールコミュニケーション

  1. 「報告・連絡・相談」で上司の信頼を得る
  2. 朝1通のメールを習慣化する
  3. 業務日報で仕事をアピール
  4. 受け取りの連絡が安心感を与える
  5. 基本的なCCの使い方
  6. CCの乱用が効率を落とす
  7. 不要なCCは受け取らない
  8. メールと他手段の使い分け
  9. メールの返信は一問一答
  10. 全文引用と部分引用を使い分ける
  11. 自己開示で距離を縮める 
  12. メールの雑談力を高める

第4章 主導権を握る メール交渉術

  1. 二人からの業務指示への対処方法
  2. 催促は、1分1秒を過ぎたときに
  3. 確認で主導権を握る
  4. 催促される前に行動する
  5. 質問に正しく答える
  6. 質問に答えてもらえなかった場合
  7. 曖昧メールには具体的に質問を
  8. 複数に読み取れるときの対処方法
  9. 料金提示はメールで行う
  10. メールでの料金交渉で妥協点を探る
  11. 苦言を呈する丁寧な返信
  12. 感情的なメールはトラブルの元
  13. メールのすれ違いをなくす方法
  14. 感謝の気持ちの伝え方

 

おわりに