お問い合わせ

仕事ができる人は実践している!ビジネスメール最速時短術

仕事ができる人は実践している!ビジネスメール最速時短術

Amazon.co.jp

楽天ブックス

「メールの作成時間を1秒でも減らしたい」「悩むことなくメールをスラスラ書けるようになりたい」「少ないやり取りで的確に伝えたい」「相手の意図を正確に読み取りたい」そんなビジネスパーソンの悩みを解決するために、メールのプロが伝授する時短の極意。一生もののコミュニケーションスキルが身につく、必携の1冊!『ビジネスメール実態調査2022』によると、1日のメール処理にかかる平均時間は3時間12分36秒となります。メール処理を効率化することは、大幅な時短につながります。目標はメール1通を「10秒で読み、3分で書く」こと。そのために必要な心構えや運用方法、テクニックを、本書では実践的に解説しています。

著者
平野友朗
出版社
日経BP
頁数
184ページ
価格
1,738円(税込)
発行年月日
2022年11月17日
ISBNコード
978-4296200139

本の紹介動画


目次データ

第1章 読解力を高める

  1. Section 01 必要なのは読解力
  2. Section 02 表面に現れない“真の願望”を読み取る
  3. Section 03 何でも「クレーム」だと思わない
  4. Section 04 相手の気持ちを読み取る
  5. Section 05 相手の感情に左右されない
  6. Section 06 ひと言、言ってやりたくなったら
  7. Section 07 催促をして相手をコントロールする
  8. Section 08 強い言葉を使って相手を動かす
  9. Section 09 メールは要約して理解する
  10. Section 10 書いてあることをうのみにしない
  11. Section 11 事実か意見かを区別する
  12. Section 12 曖昧な表現が問題を先送りする

第2章 意図を的確に伝える

  1. Section 01 メールを送ることが仕事ではない
  2. Section 02 目的が決まれば、内容が決まる
  3. Section 03 テーマや結論は冒頭に書く
  4. Section 04 ちょっと切り口を変えてみる
  5. Section 05 下手な依頼と上手な依頼
  6. Section 06 丁寧さの度合いを書き分ける
  7. Section 07 敬語や文章表現は最後

第3章 開封させて、読ませる

  1. Section 01 最初の関門は開封
  2. Section 02 開封の判断材料となる「差出人名」
  3. Section 03 どんな「件名」にすると開いてもらえるか
  4. Section 04 開封されない原因は自分にある
  5. Section 05 開封されたあとの2秒が勝負
  6. Section 06 違和感があれば即、終了
  7. Section 07 「メールはA4用紙1枚に収める」の嘘
  8. Section 08 目指すは10秒で読めるメール
  9. Section 09 正しい言葉づかいよりも大切なこと

第4章 止まる時間をゼロにする

  1. Section 01 書き始めたら止まらない
  2. Section 02 宛名で悩むのは時間の無駄
  3. Section 03 挨拶は数パターンあれば十分
  4. Section 04 くどくどと名乗らない
  5. Section 05 関係性やお礼を添えてひとひねり
  6. Section 06 結びの挨拶はワンパターンでいい
  7. Section 07 定番の署名を自動挿入

第5章 入力を徹底的に効率化

  1. Section 01 単語登録で文字入力の回数を減らす
  2. Section 02 挨拶と名乗りは3秒で入力
  3. Section 03 使えるフレーズを増やす
  4. Section 04 同じ「読み」に複数の言葉を登録する
  5. Section 05 使えるテンプレートの作り方
  6. Section 06 すぐに使えるテンプレートの管理法
  7. Section 07 テンプレートには向き不向きがある
  8. Section 08 形骸化した社内テンプレート

第6章 正確さより的確さ

  1. Section 01 1秒でも速く書き、不快感がないのが正義
  2. Section 02 不快感を与えないために
  3. Section 03 日本語の正しさや敬語にとらわれない
  4. Section 04 ひらがなと漢字のどちらで書くか

第7章 メール処理の極意

  1. Section 01 メールは処理できるときにしか見ない
  2. Section 02 勤務時間外にメールは見ない
  3. Section 03 優先順位はつけない
  4. Section 04 平野流、読みながら返信する方法
  5. Section 05 メールを止めれば仕事が止まる
  6. Section 06 「あとで読もう」ではなく「今、読もう」
  7. Section 07 メール振り分けの落とし穴
  8. Section 08 メールを消すのは時間の無駄
  9. Section 09 迷惑メールは毎日チェック
  10. Section 10 不要な営業メールは受け取らない